第10回J.Sバッハ国際ギターコンクール速報 
一位 Bianka Sazalaty
   仲山涼太
二位 横村福音
三位 Huang H Yuan
四位 Chai Cau
五位 曽根知輝
六位 大蔵奏太朗
七位 小林龍知

コンクール詳細


Biank Sazalaty / 仲山涼太


J. S . バッハギター協会のページにようこそおいで下さいました。
沿革 
2010年よりハウザー財団日本支部主催によりJ. S. バッハ国際ギターコンクール発足・開催。
2014年から非営利団体「J. S. バッハギター協会」主催に変更し現在に至る。

J. S. バッハギター協会は現在、理事、理事補佐、協会会員の年会費等で運営しています。
毎年春(4月)の 「J. S. バッハ国際ギターコンクール」と、毎年秋(10月)の「クライネバッハギターコンクール」の2つを開催。
東京都、ドイツ大使館、葛飾区と葛飾区教育委員会、江戸川区と江戸川区教育委員会からの後援・認可を受けております。                                                                                            

2018年より、コンクール規定が以下のとおりに決定しました。
1.提携外国コンクールからの招待本選出場者(二次予選免除)は上限、2名までとする。
2.2次予選出場者から、6名以上の本選出場者を選出する。(それに招待本選出場者が加わる)
3.毎年1位を選出し、賞金30万円を授与する。(出来る限り1位無しを排除する。)
ギター製作家櫻井正毅氏賞5万円を追加
1位 櫻井正毅賞5万円+バッハギター協会賞 25万円 = 合計 30万円。guoyulongクオユロン提供、ダブルットップ・コンサートギター
2位 5万円、3位 3万円。その他にも、フランス・サヴァレス社提供の弦、グッズなど、多くの皆様の御支援と御支持により、
このコンクールが発展し続けております。2018年よりイタリアの国際コンクールが提携となりました。

J. S. バッハギター協会

J. S. バッハギター協会理事長 : 加藤政幸  加藤政幸HPホームページ
O.ギリアに師事 J.ブリーム、 N.イエペス, A.デイアスのマスタークラスを受講
ウーリッヒ ズーセに音楽理論を師事
1971年NHK洋楽オーディション合格。
1974年ヴィオッティ国際音楽コンクールギター部門首席、
1974年ミラノ国際ギターコンクール第1位、
元ドイツ国立音楽大学ギター科講師、内外で多くの国際ギターコンクール審査員を務める。
世界的大フルーテイスト P.L.グラフとの2重奏でM.ジュリアーニ全集楽譜とCDを発売。
内外で多くのコンサート、フェステイヴァル、講習会を開催、各界より高い評価と信頼を得ている。

コンクール要綱の最新情報
はこちらをクリック。

要綱

News in English
Welcome to J. S. Bach Guitar Association.
 Here we offer an English page for J. S. Bach International Guitar Competition.
Click on the icon below for further information
.















UP Date 20 May ,2019

inserted by FC2 system